NCOOLライフ

消防団って何?

みなさん、こんにちはsun
もうそろそろ12月になり冬本番ですねcloud
冬になると各地で火災予防運動がよく行われるようになりますhappy01
なんで冬に・・・?と思う人もいるかもしれませんが、

1年の中で日本が一番乾燥するのが冬なんですね。

これは冬になると日本海側に大雪を降らせ、

太平洋側に空っ風をもたらすシベリア気団が原因となっていますtyphoon
湿った空気が日本アルプスに当たると山のふもとでは雪が降り、そこで水分をすべて落としてしまいますsnow
そのまま水分のなくなった空気は日本アルプスを越えて乾いた空気を太平洋側運んできてしまうんですsun
そして、空気は寒いと空気中の水分が減ってしまうという特徴もあるので結果的に冬場は乾燥するんですね。

これは公務員試験の地理でも出てくるので問題なので覚えていたほうがいいですよwink
さて、今日の本題は消防団ってなんだ?というお話です。

NCOOLの警察・消防学科の学生も新潟市の消防団に入っています。




でも、「消防団って何なのか?」 「普段は何しているの?」という人も多いはず!

そこで今日は消防団の活動についてちょこっと解説しましょう!

これを読んで面白そうだな!と思った方は、地元の消防団に入団してみてください

【消防団って何者?】

その地域に住んでいる、もしくは通勤・通学している健康な18歳以上の人であれば誰でもなれるのが消防団員ですhappy01
消防団員の活動は大きく4つに分けることができます。

※出典:新潟市HP 新潟市消防団員募集ページより

消火・救助活動訓練

消火の基本的な操作や放水・救助活動などの訓練により、いざというときに備えます。

応急手当の指導・初期消火、避難訓練指導

応急手当指導員講習を受講し、指導者としての資格を取得できます。

心肺蘇生法やAEDの取り扱い方法を市民に教えるほか、地域の訓練で初期消火や避難訓練についても指導します。

防火・防災の広報活動

イベントや広報誌などを通して地域の方に、火災予防や防災知識について広報を行います。

災害対応

火災の他、地震や風水害といった災害時には、消火活動をはじめ、地域の方の安否確認、避難誘導など、様々な場面で活動します。

つまり、消防団員とは消防隊員が駆けつけるまでの間、

消防隊員の代わりに消火活動や救助活動を行う人たちなんですhappy02
他にも消防隊員のサポートや地域に密着して火災・災害予防運動など幅広く活動しますlovely
今回NCOOLの警察・消防学科の学生たちも万代地区の避難訓練に参加しましたsun


地域の方たちと一緒に大規模災害を想定した避難訓練を行いましたhappy01
皆さんの中で避難訓練というと小学校や中学校でやっていた避難訓練を想像しがちですが

今回は消防団としての地域の避難訓練!

フィールドは学校から街に移動することとなりますwink
そして、11月23日(木)TeNYテレビ新潟の【ストレイトニュース】に学生のインタビューが放送されましたlovely


リアルタイムで見た人はいるかな・・・?

消防団は消防の知識が身につくだけではありませんsign03
消防団には18歳から65歳までの様々な職種の団員がいますhappy01
地域の方たちと一緒に訓練することにより、今までお会いすることのなかった方とつながりや色々な方々からお話を聞く機会がありますlovely
人生の先輩方から経験談や失敗談、自分より年齢の若い人の考え方を聞くことは、今後の人生に役立ちますよwink
皆さんも消防団に入団してみませんかsign02


NCOOL生が入団している新潟市消防団募集のお知らせはこちらから

 

===============================

NCOOLでは毎月オープンキャンパス・個別相談会を開催しています!

オープンキャンパスではみなさんのギモンや不安にすべてお答えいたします!

公務員のことやNCOOLのことを先生や在校生、そして卒業生から直接聞けるチャンスです!!

お申込みは・・・

◆ホームページから! オープンキャンパスのお申し込みはコチラから!

個別相談会のお申し込みはコチラから!


◆LINEから! ID検索 @ncool

友だち追加

トーク画面で希望日時(12/2AMコースなど)・氏名・学校名・学年を入力して送信してください。

◆電話から! 0120-486-709 「オープンキャンパスの申込みで電話しました!」と伝えてください。

===============================


 

PAGETOP