• Home
  • 内定者&保護者の声
公務員合格は本人だけじゃなく、家族全員の喜びに!

NCOOLで学び成長し、これから社会人としての第一歩を踏み出す先輩たち。

公務員合格までの歩みを一番近くで支えてくれた保護者の方々にお話を伺いました。

保護者コメント

母:榎 綾子さん

NCOOLでの1年間は

掛け替えのない時間でした。

新発田市役所合格 小野佳奈さん

■NCOOLに入学を決めたきっかけ

小学生の頃から消防士への憧れを持っていたことは知っていましたが、高校の先生からは大学進学を勧められていましたし、私たち親もそれが将来の可能性を広げることになると思っていました。ですが、本人は消防士一本!その揺るがない決心に、これは応援しようと思いました。高校時代も受験しましたがいい結果を得られず、公務員セミナーで信頼していたNCOOLへ一直線、入学を決めました。


■NCOOLに入学してからの変化について

私が心配するほど熱心に取り組むようになりました。授業が終わってからも学校に残ってお友達と勉強してから夜遅くに帰宅し、体力作りのランニング。疲れ切ってしまうのか食事を受け付けなくなることもあり、何とか食べてもらえるようにいろいろ工夫したりもしました。元々頑固なくらい自分の決めた事はやりきる性格でしたが、NCOOLでクラスの仲間・先生方からたくさんの影響を受けて成長したのか少し丸くなったと思います。他者の意見も認めることができるようになり、コミュニケーションも上手になった様です。


■公務員合格時について

先に結果が出た他の消防は不合格。実は、もし東京消防庁も結果が出なければもう1年NCOOLでお世話になろう、と覚悟して父親とも相談していました。本人はこれ以上親に負担を掛けたくないと、働きながら消防の合格を目指して再受験すると言っていましたが、性格上1つのことに集中してしまうと思ったのでそんなに器用なことはできないだろうと。なので「合格した」という電話をもらった時には嬉し泣きしてしまいました。中学時代の先生や近所の方、お世話になっていた美容師の方まで涙を流して一緒に喜んでくれて、なんて幸せな環境だったのかと羨ましくも思いました。

■保護者から、保護者へメッセージ

今になって思うと、NCOOLでの1年間は掛け替えのない時間だったと思います。本人が話す様子から、先生方を尊敬しクラスの仲間を認め本当に信頼し合える関係を築けていることが手に取るように分かりました。話を通して私自身も先生方の情熱に触れ、勉強させていただくことができました。先生方が引っ張ってくれていることがよく分かっていたので、私も安心して本人の後ろから応援することに徹していられたのだと思います。第一志望の消防に合格し、「これからがスタートだ!」とキラキラと輝いている様子を見るとNCOOLへの感謝の気持ちでいっぱいです。NCOOLで良かったと思っています。

保護者コメント

母:近藤 キヨエさん

NCOOLは一人一人を

しっかり見てくれる学校です

新発田市役所合格 小野佳奈さん

■NCOOLに入学を決めたきっかけ

昔から学校が大好きで、学校事務を目指したのが最初のきっかけです。高校時代も部活のマネージャーを頑張っていたのですが、誰かを支えるという仕事が好きで公務員のように地域や市民を支える仕事をしたいと考えたようです。その後、新潟県内の色んな公務員の学校を見学に行きましたが、NCOOLは教育方針も明確で、先生や事務局の方が本当に熱心で親身な対応をしてくれたのが印象的でした。公務員セミナーの授業もわかりやすく、ここでなら頑張れると親子で意見が一致し、NCOOLへの入学を決めました。


■NCOOLに入学してからの変化について

1人暮らしを始めたこともあり、自立したと思います。学校生活の様子は時折聞いていましたが、地域と関わる体験や行事も多く、充実している様子は電話越しでも伝わってきていました。楽しい事はもちろん、時には悔し涙を流したり、様々な経験しながら人としても成長できた2年間だったのだと感じています。


■公務員合格時について

当初の希望とは違う道に進むことになりましたが、公務員に合格できたという事が何よりもうれしかったです。これからは専門知識の勉強や資格取得など試練も待っていると思いますが、NCOOLで頑張ってきた2年間を自信にしてさらに成長していってほしいと思います。

■保護者から保護者へメッセージ

進学先を決めるには、親も一緒にオープンキャンパスに行くことをおススメします。私たちも実際に行ってみて、学校によってやっている内容や教育方針も違う事を知り、お世話になる先生方や学校の雰囲気など色んな面で比較することができました。これから進学を考える方はこの学校で間違いないと親子で思える学校をぜひ選んでください。私はNCOOLに娘を進学させて良かったと心から思うことができました。


保護者コメント

母:中村 良子さん

NCOOLでどんな事にも負けない

力強さをもらいました。

長岡市役所合格 佐藤萌さん

NCOOLに入学を決めたきっかけ

詩織の姉がNCOOLを卒業し、公務員という夢を叶えた姿を見て、高校時代からNCOOLへの入学を考えていました。高校時代はボランティア福祉部という部活に入ったことで奉仕の仕事にやりがいを持ち、公務員にさらに興味を持っていました。公務員合格は狭き門と初めは心配していましたが、姉の時もお世話になったNCOOLなら信頼できると思いました。


■NCOOLへ入学してからの変化について

試験が近くなると毎日夜遅くまで学校で勉強していたので、最後は身体を心配するくらい一生懸命でした。こんなにも頑張れるパワーをもらえたのは先生のおかげ。NCOOLは勉強はもちろんですが、先生が色んな面でサポートをしてくれて、心の支えになってくださいました。何にも負けない強い心に成長し、精神面ですごく強くなったと感じます。


公務員合格時について

2年間頑張った結果が出て本当にうれしかったです。公務員合格という夢が叶ったことは家族みんなの喜びです。合格へ導いて下さった先生方や仲間たちへの感謝を忘れずに、NCOOLで強くなった精神面を糧にますます輝いて成長してくれることを願っています。

■保護者から保護者へメッセージ

NCOOLには何から何までお世話になりました。娘が二人ともNCOOLで公務員に合格することができたのは、勉強やメンタルなど全てをサポートしてくれた先生のおかげです。家から歩いて通える学校もありましたが、NCOOLは時間をかけて通う価値のある学校でした。信頼できる学校なので、安心して進学先として選んでほしいと思います。

保護者コメント

母:藤田 あゆみさん

仲間と先生の支えが

あってこその合格でした。

東京消防庁II類合格 小島克彦さん

■NCOOLに入学を決めたきっかけ

我が家では救助犬の育成などを行うドッグスクールを運営しており、災害救助犬の育成で地元消防官と接する機会が多々あり、息子も幼い頃から身近だった消防官に憧れを持っていたようです。高校の部活の先輩がNCOOLで地元消防に合格しており、消防を目指すなら一番の近道だとすすめてくれたので、信頼のある学校だと思い親としても安心して送り出すことができました。


■NCOOLに入学してからの変化について

とにかく勉強を頑張っていました。今までの学生生活の中で一番頑張った2年間だったのではないかと思います。近くで応援することはできませんでしたが、苦手な勉強を頑張ってこれたのはクラスの仲間たちの支えがあってこそでした。生活面では親に負担をかけないようにと、きちんと節約しながら一人暮らしをする姿はとても頼もしく成長が嬉しかったです。


公務員合格時について

他の消防からも内定を頂いていましたが、第一志望だった地元消防の合格が決まった時は本当にうれしかったです。頑張ってきたクラスの仲間全員で合格したい、その思いは親の私たちも一緒でした。それぞれ進路先は違っても、同じ目標に向かって志を共にした仲間はNCOOLだったからこそ出会えた宝物だと思います。

■保護者から保護者へメッセージ

勉強も頑張って、仲間との時間も楽しく充実していた学校生活はかけがえのない2年間だったと思います。先生方も熱心で、保護者会で聞かせて頂く言葉一つ一つに力があり、信頼して学校に通わせることができました。安心してお子さんを預けられる学校だと思います。

保護者コメント

母:坂井 比呂緒さん

熱い先生たちが合格まで

引っ張ってくれました。

警視庁II類合格 藤倉未有さん

■NCOOLに入学を決めたきっかけ

中学時代から海上保安官になりたいという夢があり、家族で応援していました。高校時代は部活をやりながらも試験勉強をして受験しましたがいい結果が出ず、公務員セミナーでお世話になっていたNCOOLへ進学を考えたことがきっかけです。


NCOOLに入学してからの変化について

短期の学科に入ったことで、より勉強に集中しながらうまく息抜きもしてメリハリをつけられるようになったと感じています。高校時代から夢に向かって努力する姿は見ていたのですが、家族の中でも目指すものが決まっているのならそれに向かって頑張れと、1年で結果が出るように応援していました。学校が終わってからも友達と集まって夜遅くまで勉強していたことも多く、意識の高い仲間と出会えたことも刺激になったのだと思います。


公務員合格時について

何職種か受験した中で、自信があったところも不安だったところも一次試験でいくつか合格を頂いていたのですが、海上保安官は試験の順番として最後だったので結果が出るまでは本当に心配でした。無事に一次合格したと聞いた時は涙が出るほど嬉しかったです。他の試験に合格したことで着実に自信をつけていったので、最終試験でも堂々と面接に臨むことができたようです。念願だった海上保安官の合格は家族全員の喜びです。

■保護者から保護者へメッセージ

色んな専門学校があるので、オープンキャンパスなどを利用してこどもに合った学校を選んでほしいと思います。NCOOLは地元に根付いた学校で信頼もあり、熱い先生達ばかりで合格まで引っ張ってくれるだけでなく支えにもなってくれました。本人から学校の話を細かく聞くことはありませんでしたが、学校生活が充実していることは様子を見るだけで伝わってきましたし、時々届くクラス通信からも普段の様子を知ることができました。この学校に通わせて間違いなかったと思っています。

保護者コメント

母:直江 雅子さん

楽しく、充実した学校生活だった!

新発田市役所合格 小野佳奈さん

■NCOOLへの進学を決めたキッカケ

安定している事務の仕事に就きたいと考えていたことが最初のきっかけだったようですが、公務員という仕事を目指してくれることに親としても安心していました。友達と一緒に参加したオープンキャンパスで先生方の熱意を強く感じ、「ここでなら夢が叶う!」そんな気持ちになったようです。


■NCOOLへ入学してからの変化

とにかく、毎日楽しそうに学校に通っていました。高校とは違い、同じ目標を目指す仲間と過ごす中でいい刺激を受けて勉強も頑張っていました。以前は何をするにも親を頼っていた部分がありましたが、とても社交的になり自分から行動できる力も身についていったと感じています。


■公務員合格時について

公務員合格が決まったときは本当にうれしかったです。内定先が東京だったので親元を離れてしまう寂しさもありましたが、新しい環境でさらに成長していってほしいと思い、家族みんなで応援しています。

■保護者から保護者へメッセージ

初めは、本当に公務員になれるのか不安も大きかったのですが、保護者会や三者面談などで担任の先生ときちんとお話ができる機会があり、娘の成績の状況や学校生活の様子なども直接知ることができたので安心できました。NCOOLは公務員だけでなく民間企業への就職実績も高く、公務員と民間就職どちらに対してもしっかり対策されているので保護者としては安心していられる学校だと思います。

保護者コメント

母:土田 斉子さん

先生の力強い言葉が大きな力になった。

長岡市役所合格 佐藤萌さん

■NCOOLへの進学を決めたキッカケ

貴也の義兄が消防官として働いており、東日本大震災発生時には私たち家族に対しても動揺させないよう落ち着いた対応で守る姿や、被災地へ向かうたくましい姿を見て憧れを抱くようになったようです。はじめは大学進学を考えていましたが、進路を切り替え兄と義兄の母校であるNCOOLに迷わず進学を決めました。


NCOOLへ入学してからの変化

高校時代は部活に明け暮れる日々でしたが、同じ夢を目指す仲間の存在が刺激になり、強い気持ちを持って頑張っていました。特に2年生になってからは朝と夜の自主学習も欠かさず、スポーツジムでのトレーニングにも力をいれていました。精神面でも高校時代よりもずっと強くなったように感じます。


公務員合格時について

家族みんなで応援していたので、本当にうれしかったです。他の試験が思うような結果が出なかったので不安も大きかったですが、担任の先生が「お前が受からなくてどうする、誰よりも頑張ってきただろ!」と力強い言葉をかけてくれたことがとても支えになったようです。先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

■保護者から保護者へメッセージ

貴也の兄がNCOOLの卒業生だったので、学校のことはよくわかっていましたが、オープンキャンパスや保護者説明会で教育方針と熱い思いを聞いて、他校ではなくNCOOLを選んで間違いなかったと思いました。すぐ近くで頑張る姿を見てくれている先生からの言葉はひとつひとつに力があり、合格への大きな励みになりました。先生方のサポートの力、この学校はすごいなと改めて感じています。

保護者コメント

母:大久保 道子さん

NCOOLは信頼できる学校です。

東京消防庁II類合格 小島克彦さん

■NCOOLへの進学を決めたキッカケ

小学校の頃から、優しい学校職員の方たちに囲まれて育ってきたこともあり、学校で働くことを意識していたようです。学校事務という公務員の仕事を目指そうと決め、専門学校を探していましたが、NCOOLはボランティアやインターンシップなどが豊富で他校では学べない実践的な授業が多かったことが決め手となり、この学校に行きたいと自分の意思で決めてきました。


NCOOLへ入学してからの変化

初めての一人暮らしでしたが、学校に持っていくお弁当を作ったりと家事もこなしており、感心していました。勉強面では、1年生の頃の担任の先生の一言で火が付き、仲間と一緒に放課後や休日も勉強を頑張っていたようです。離れて暮らしていたので、三者面談などの機会で直接先生とお会いして学校生活の様子を知れたことはすごく良かったです。


公務員合格時について

合格を聞くまではは毎日祈るような気持ちで過ごしていたので、本当にうれしかったです。遠くから応援することしかできませんでしたが、その分仲間や先生が支えになってくれたからこそ夢を叶えることができたと感じています。

■保護者から保護者へメッセージ

離れて暮らしていても三者面談などの学校生活を知れる機会がきちんとある学校です。先生からの話を共有して本人の気持ちを汲んだ言葉をかけてあげることで、先生・保護者・本人と三人四脚で合格まで進んでいけると感じます。NCOOLは信頼できる学校です。安心してお子さんを預けてほしいと思います。

保護者コメント

母:小林 美恵さん

家族以上に将来に向き合ってくれた。

警視庁II類合格 藤倉未有さん

■NCOOLへの進学を決めたキッカケ

幼い頃から人が好きで、困っている人がいれば助けたくなる性格だったこともあり、地域の安全を守る優しい警察官になりたいと考えていたようです。はじめは大学進学も視野に入れていましたが、警察官になるための専門学科があるNCOOLへ行きたいとはっきり進路が決まっていたので他校と比べることなく進学を決めました。


NCOOLへ入学してからの変化

行動力が身についたと思います。今までは何をやるにも親に頼っていた部分がありましたが、自分で調べて考えて行動できるようになった姿を見て成長を感じました。男子が多いクラスでしたが、いい友人たちに囲まれて本当に毎日楽しそうな話をしてくれていましたし、地元からの通学も全く苦ではなかったようです。


公務員合格時について

いくつか受験した先で合格をいただいていましたが、第一志望の新潟県警の試験では思うような面接ができなくて不安になっている姿を見て家族も心配していました。最終的に合格をいただくことができ、夢が叶ったことを本当に嬉しく思います。

■保護者から保護者へメッセージ

NCOOLの先生方は娘の将来に真剣に向き合ってくれて、どんなことでも相談にのってくれました。家族以上に考えてくれていたのではないかと思う程です。温かくアットホームで、一人ひとりにこんなにも熱心に指導をしてくれる学校は他には無いと実感しています。

PAGETOP